Adobe Creative Cloudを最安値で購入する方法 【フリーランス愛用】

Adobe Creative Cloudを最安値でなんとか使ってみたいけど、どこで購入するのが最安値なのか分からない…

という方向けの記事です

通常価格より約50%オフの価格で、さらにAdobe製品の使い方が分からない人には嬉しい特典つきの方法をご紹介させていただきます

2018年~2021年現在まで、あらゆるサイトを閲覧しきった結果、この方法以外に安い購入方法は無いと断言しておきます(笑)

実際に、僕は利用し始めて3年目で、フリーランスの仲間も使ってる方法なので、参考にしてみてください

Adobe Creative Cloudを最安値で購入する方法

早速ですが、結論です

結論

アカデミー版の購入が最安値

アカデミー版とは学生もしくは教職員しか購入できないプランなのですが、実は一般の人でもアカデミー価格で購入できます

それは通信教育を契約して、擬似的に通信学生になる方法です

2021年8月現在誰でも契約することが可能な通信講座はこちらです

いずれも価格は39,980円と、ネット上で購入できるプランの中では最安値となっています

しかも、 Illustrator、 Photoshop、 Premiere Pro、 After Effects、 Dreamweaverの使用方法について学習することも可能です

デジハリオンラインスクール講義の一部

僕も実際に使っているのは、デジハリオンラインスクールのプランを毎年契約しています

理由としては、購入すれば10分以内にAdobe Creative Cloudの使用コードがメールで発送されて、すぐに利用することができるからです

実際のメール画面

あとは、メールに記載されているアカデミー版の利用方法に従って、Adobeの設定をすれば、完了です(10分もかからないくらいです)

本当はAdobe Creative Cloudが使えればそれだけで十分なのですが、デジハリオンラインスクールの講座内容は、実務でも使えるレベルの内容だったので、実際に僕が使ってみた感想を紹介させていただきます

通信講座を実際に使ってみたメリット

実際に僕が通信講座を使ってみた感想として以下のメリットがあります

  • Webデザイナーとして転職できるぐらいのスキルも身につけられる可能性あり
  • 動画編集の副業として稼げるぐらいのスキルも身につけられる可能性あり
  • 動画編集・プログラミングのどちらでも活躍できる可能性あり

※可能性ありと表記しているのは、あくまで僕の実体験でサンプル数1なのでそうしてます(笑)

実際のところ、デジハリオンラインスクールの講座では Dreamweaver の講座で、 HTML や CSS についても学習することができるので、本気で学習すればそのまま Web デザイナーとして転職することも可能です

僕もこちらの講座で学習したスキルで、SEOエンジニアとして転職することもできました

そして SEO エンジニアとして、必ず定時で終わる会社に就職することができたので、帰宅してからは動画編集の独学をすすめて、副業で毎月10万円ほどは稼げるスキルが身につきました

よくプログラミングと動画編集はどっちをやればいい?という話が上がるんですが、どっちもやった方が良い が僕のお勧めする答えです

というのも、動画編集で稼げなかったとしても、自分にはプログラミングのスキルがあるからWeb制作で稼いでいく

逆にプログラミングで稼げなかったとしても、自分には動画編集のスキルがあるから動画編集を進めていく

という風に、より稼ぎやすい市場で仕事ができるからです

正直デジハリオンラインスクールでは、すぐに Adobe 製品が使えるし、通信講座も内容がかなり充実しているので、デメリットというデメリットがほぼ見つかりません(笑)

ただし、講義が充実しているが故のデメリットもあるのでそこについて紹介します

通信教育を実際に使ってみたデメリット

実際に僕が通信講座を使ってみた感想として以下のデメリットがあります

  • 講座の内容が沢山あり、スケジュールを組まないとやりきれない
  • あれもしようこれもしようと考えると、全て中途半端に学習したつもりになる

講義の内容が充実しているというのは良いことなのでは?と思うかもしれませんが、独学で限られた時間の中で学習していく人としてはデメリットになりがち

かくいう僕も、かなり効率よく学習していく自信はあるのですが、 ちゃんとスケジュールを組んでおかないとやりきることができませんでした

デジハリオンラインスクールの最大のメリットが、講義と同じ素材を使って手を動かしながら学習できるため、しっかりと身につくということです

ですが、どの講座もかなりのボリュームで、3ヶ月の間にもったいないから全部見たい!とか思うと、ちゃんとしたスキルが身につかない可能性大です

そこで、3ヶ月の間に実務でも使えるスキルを習得する、通信講座の活用方法をご紹介します

上手に通信講座を活用していく方法

では、通信講座を最大限に活用していく方法になります

  • 1ヶ月で2つまでの講義をじっくり学習する
  • Illustrator・Photoshopはさっとでも良いから必ず見ておく
  • 動画編集ならPremiere・AfterEffectsに特化して学習
  • Web制作ならDreamweaverに特化して学習

Adobe ソフトに馴染みのない人でも、ちゃんと操作できるように講義が組まれているため、じっくり学習すれば十分に現場で使えるレベルの学習が可能です

かくいう僕も、1年目は Dreamweaver の講義を学習して、既存のサイトのデザインは修正ができるようになりました

ぶっちゃけ、CSSやHTML、PHPあたりは、プログラミングに馴染みがない人には、レベルが高いので、サラッと流して、Dreamweaverの操作方法だけ学んでおくのがオススメ

そこから1年間は、独学でCSS、HTML、PHP、JavaScript あたりを学習して、完全に一人でもサイトが作れるようになれました

そして2年目の更新日から1か月間で、 Premiere Pro と After Effects の講座を受講してみました

事前に Premiere Pro の学習だけは本を購入して済ませていたので、 After Effects をメインに学習しておりました

Illustrator・Photoshopをさっと見ておいて欲しかった理由がここで、Webデザインでも動画編集でもデザインができる人ってそんなにいないから、後々ライバルと差別化がしやすくなります

特に、AfterEffectsあたりは、素材をIllustratorで作成して動かせるとデザインが良い+動きも良いということで、単価の高い仕事も割とこなせるようになったり

今年で、3年目になった頃には、Indesignの講義をみて、「へ~」そういう使い方あるんだな~と、まったり見れるようになりました(笑)

まとめ

ということで Adobe を使う場合はデジハリオンラインスクールを強くおすすめしておきます

毎年最安値のプランをいろんなサイトを通して探しているんですけれど、ここ以上に安く通信講座の内容が充実している所ってないんですよね

今年とか、「あ!やばい!Adobeの更新日今日で終わりじゃん!」って焦ったんですが、10分くらいでコードが届いたので業務に差し支えなく利用できました

僕は元々工場でひたすら同じものを作るような仕事ばかりしていたので、Adobe製品にはそんなに馴染みがなかったんですけれど、今ではそこそこは使えるようになりました

基本的な操作方法さえ覚えてしまえば、後は独学で足りない知識をつけたしていくことで、副業でも十分に稼げることができるので、デジハリオンラインスクールを受講してラッキーだったな~とか思ってます