結婚式の動画編集で仕事をするためには?|平均年収と必要なスキル

2020年7月11日

結婚式の動画編集にチャレンジしてみたいけれど、どうやって仕事に就けばいいのかわからない?年収は?どんなキャリアを積んでいくのか知りたい。

そんな悩みにお答えします。

このブログのテーマ
  • 結婚式の動画編集の業界を知る
  • 結婚式の動画編集をやる方法
  • 結婚式の動画編集のキャリア形成の仕方

結婚式の動画編集の年収は?

結婚式の動画編集の編集ですが、担当する、結婚式場によって大きく変わってきます。

正社員で活躍していく場合、年収は280~360万円くらいが体感値です。

お金を稼ぐためにやる仕事というよりも、式場にはいる、新郎新婦最大限祝いたいという、やりがいを求める人には向いている仕事です。

なお、映像編集の仕事の平均給料は

https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E6%98%A0%E5%83%8F%E7%B7%A8%E9%9B%86%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

こんな感じになっているので、少しばかり年収は低めになりやすいです。

なお、結婚式の動画編集は、最近では業務委託として、求人が出ていることもあり、その場合

ダイジェスト撮影編集
  • エンドロールの編集のみ:1本15000円
  • エンドロールの撮影のみ:1本25000円

こんな感じになっております。YouTubeの動画編集の片手間で、単発で稼ぐ人もいたりします。

なお、結婚式場の動画編集者は、2.3年ほどで転職する人が多く、その後はテレビ業界やアニメーションなど他の業界に転職されます。

結婚式の動画編集の副業案件は?

結婚式の動画編集の副業案件は?

エンドロールムービーや、オープニングムービーの撮影などは、ココナラなどを利用して副業することが可能です。

>>https://coconala.com/

この場合、結婚式場に直接雇ってもらう訳ではないので、発注者の方から指定された納期までにムービーを納品するという流れになります。

現在の相場では、1本あたり8,000~30,000円までピンキリです。

結婚式場にエンドロールムービーを依頼すると、1本あたり10万円を超えるのが相場なので、結婚式の費用を抑えたい新郎新婦様がココナラなどを利用されています。

結婚式の動画編集に求められるスキルは?

結婚式の動画編集に求められるスキルは?

結婚式の動画編集に求められるスキルは、迅速に編集作業を進めるスキルと、現場の方と円滑にコミュニケーションをとるスキルです。

特にエンドロールムービーの編集は、1~2時間ほどで完成させなくてはならないので、動画編集ソフトにかなり慣れておく必要があります。

エンドロールムービーを編集するための雛形のファイルなどはありますが、最低限、結婚式場で取り扱っている動画編集ソフトに慣れておく必要があります。

結婚式場で撮影をしているカメラマンの人とうまくコミュニケーションが取れていないと、新郎新婦様の要望に答えれなかったりするので、案外コミュニケーションスキルが重要です。

未経験者が結婚式の動画編集者になるには?

未経験者が結婚式の動画編集者になるには?

未経験者の方が、結婚式の動画編集者になるためには2つのパターンがあります。

  • ①自力で動画編集ソフトに慣れて求人に応募する
  • ②完全未経験者でもオッケーな求人に応募する

具体的に説明します。

①自力で動画編集ソフトに慣れて求人に応募する

この場合は、未経験で転職しても、できるだけ年収を下げたくない人向けの方法です。独学で学んでいくのが苦でない方向けです。

基本的に結婚式場では、Premier Proが編集ソフトとして使われているので、このソフトの使い方をマスターしておくと良いです。

>>Adobe Premiere Proオススメ学習方法

動画編集のやり方を教える手間が減る分、完全未経験者の方よりも早く昇格することができます。

②完全未経験者でもオッケーな求人に応募する

この場合は、とにかく今すぐ、未経験からでも転職したい方向けの方法です。独学で学んでいくのが難しい人向けです。

結婚式場の動画編集者は常に転職を繰り返す傾向があります。なので、未経験者OKの求人が出ていることはよくあります。

なお、未経験者でもOKの求人を知りたい方はこちらからどうぞ。