動画編集の副業を在宅で完結しよう。【オススメサイトTOP3】

2020年7月13日

在宅可能な動画編集の求人探しで困っている人「どうせ動画編集の仕事をするのならば、家で仕事をしたい。。。どこで在宅しながら、動画編集の服用ができる案件を取ってくればいいのかわからない。。。」

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

動画編集の副業を在宅で。【オススメサイトTOP3】

今回の記事を読むことで、

  • 在宅で動画編集の仕事ができるサイトを知れる
  • 在宅で仕事するまでのキャリアアップを学べる
  • 完全独学でも在宅で動画編集の副業を獲得する方法

これら全てを理解できる構成になっています。

では、早速本題に入ります。

動画編集の副業を在宅で。【オススメサイトTOP3】

在宅で動画編集を行なっていきたい人は、下記の3つのサイトを利用してみてください。

  • 求人ボックス
  • クラウドワークス
  • 映像しごと.com

3つのサイトを勧める理由

なぜこのサイトお勧めするのかというと、在宅で完結できる案件がたくさん揃っているからです。

詳しく解説します。

求人ボックス

求人ボックス

>> https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/

そもそも、たくさんの求人を扱っている求人ボックスですが、こちらでも、動画編集の求人が取り扱われております。

中でも在宅で完了するような案件が多くあり、色々な求人サイトから情報をまとめているので、幅広い選択肢があります。

求人ボックスの案件について

【動画編集+業務委託】などで調べると、かなり穴場の動画編集案件があり、場合によっては、1ヶ月でフリーランスになることも可能です。

在宅でやることができる求人案件の中には、YouTubeの動画編集や、InstagramやFacebookの、簡単な動画編集など、動画編集初心者の方にも取り扱いやすい案件があります。

さらに編集を完了するまでのテンプレートなどが用意されている会社も多く、安心して副業を行うことができます。

クラウドワークス

クラウドワークス

>>https://crowdworks.jp/

動画編集をやろうとしている人は、必ず登録しておいてほしいサイトの一つです。というのも、比較的簡単に収益化しやすい案件が多く、実績作りにも十分に利用することができるからです。

クラウドワークスの案件について

こちらで取り扱われている案件は、Youtuberや、個人事業主の方が依頼されているものが多く、技術さえあれば仕事を取ってくることができます。

最近は動画編集のライバルが増えているため、案件を獲得しにくかったりしますが、専門知識などがあれば、ライバルと差別化して案件を獲得しやすいです。

映像しごと.com

映像しごと.com

>> https://eizoshigoto.com/

こちらのサイトは、1本あたりの報酬額が高い案件がたくさんあります。有名なテレビ局や有名な企業の動画編集の案件などがたくさん取り扱われております。。

映像しごと.comの案件について

求められるレベルとして、動画編集の上級者~フリーランスレベルとなっているため、一つの案件に対する報酬金額がずば抜けて高いです。

さらに、動画編集を学んだばかりの人達は、手を出しにくい案件が多いので、スキルがある人は間違いなく利用した方が良いサイトになります。

在宅ワークのレベルが高すぎてできない場合

傷病手当としての申請

動画編集を副業、在宅でやりたかったけれど、こんなに難易度が高い副業だと思っていなかったから、もうやめたい。

こういった声にお答えします。

結論:今は先のキャリアを目指す

実はあんまり知られていないことなのですが、動画編集は副業だけでなく、本業にすることで一気に時給アップを狙える職業の一つでもあります。

もしもあなたが、今の仕事の時給が1000円ほどならば、動画編集のスキルを身につけるだけで、在宅勤務しつつ時給1500円に以上の職に着ける可能性があります。

一言で言うと、スキルさえ身につけてしまえば、長年の実務経験なしに、リモートワークも可能となってくるということです。

先のキャリアを目指す理由

ここ最近はSNSが非常に拡大しているため、どこの県にもSNSのマーケティング企業などが存在しています。

これらのマーケティング企業は、今現在もバリバリと営業利益を上げているため、スキルがある人を高い給料で雇う体力があります。

将来的にそういった職業に着くことも可能なので、そこを目指して副業の段階からスキルアップしていくことをおすすめします。

在宅ワークができるか不安な場合

間に合っている人の作業を見る

とは言っても1人でスキルアップしていくのは、不安で悩む事もあるかと思いますので、先に僕からアドバイスさせていただきます。

結論:悩むより手に技術を

悩んでる時間がもしもある場合、その時間をスキルアップの時間にあてた方が良いです。

というのも、今の映像業界も常に進化しているため、新しい編集スキルを持っている人達がどんどん減っています。

悩んだ時に技術をつける理由

新しい変身スキルがあるだけで、100人中の1人になることができるので、未経験の職場にエントリする時もかなり優位になることができます。

常に空いた時間を活用して学ぼうとしている人達は、求人市場の中でも評価されやすいです。

すこし難易度を下げたい場合

”気軽に生きていく”ためのライフハック

とは言ってもいきなり未経験で、動画編集の扶副業をするのは不安という方もいると思うので、対策方法を紹介します。

結論:まずは休日を活用

いきなり転職してバリバリと仕事をこなしていく自信がない方は、まずは編集スキルを身につけて、休日になんとか完了することができる副業からスタートすればOKです。

休日を使うべき理由

休日などの空いた日にやれる動画編集の副業は、エントリーしたがる人が少ないです。そのため、お金を貰いつつ動画編集のスキルアップをすることがしやすいです。

様々な案件を実際にやることで、さまざまな機能の編集テンプレートなども学ぶことができるので、将来的に新たな動画編集が短時間で完了することができるようになります。

なお、休日などに実施することができる副業案件を取り扱っているサイトは以下にまとめてあります。