始める速さより、選択肢が重要な件

始める速さより、選択肢が重要な件

どうも、たかちです。

先週はずっとやりたくなかった、動画編集の案件であり、更新を途中やめしていたんですが、その案件も無事に終了したので、今日からまた更新を復活します。(笑)

今日は朝起きた時からクライアントさんのサイトのSSLの設定について連絡をするという少し不測の事態がありましたが、なんとか乗り越えた次第です。

さて、今日のブログで紹介したいことは何かを始める時にもうこの年齢じゃ手遅れなんじゃないのか?という話題について触れていきます。

何を隠そう、僕がこのサイトで発信しているブログのスタートだったり、動画編集の副業だったり、プログラミングだったりっていうものは全て3年前ぐらいにスタートしたものです。

で、それまで僕が一体何をやっていたかというと、ほぼ全ての時間と行動を音楽につぎ込んでおりました。

本当はかっこいい話をするとならば、音楽で1部上場企業の課長クラスに稼いで悠々自適に、お金持ちな状態で生活をしていると言いたいところですが。

最終的に僕が音楽で成し遂げられた成果としては、毎月生活していくために必要なお金を稼げた程度です。

そんな僕が、数年前からほぼ全ての選択肢を音楽以外に切り替えたことで色々いい循環が生まれ始めたので、そのことについて紹介します。

とりあえず今回のブログを読んどけば30代や40代になって新しいことをスタートしても大丈夫なのかね?

といった悩みについて、色々な事例を活用して、スタート以前に大切なことをお伝えします。(笑)

始める速さよりも、選択肢の方が重要な件

早速今日のタイトルの回収になるのですが、副業だったり、何か新しいことを達成しようとする時は、始める早さよりも、何をどんな方法でやっていくかっていう方が重要です。

僕の体験談をお話しすると、音楽に15年ほどかけて、やっと、毎月生活していくぐらいのお金を稼げるようになっています。

その間に僕が犠牲にしたものは大手企業の正社員という社会的地位です。

で、僕が本当に手に入れたかったものは、どこかの企業に勤めて仕事をするのではなく、自分1人で稼いで好きなように仕事をして好きなように時間を使えるという環境です。

で、数年前に音楽で独立できた時に実は音楽では稼げないだろうなと感じて、情報商材を購入して、ブログのアフィリエイトで稼いでいくという選択肢を取りました。

その結果、僕はその情報商材を活用してブログで生活できるだけの収入を稼ぐことはできませんでした。

ですが、僕と同じ時期にブログをスタートして僕よりも遥か先に十分に稼げるようになったブロガーがいた訳です。

最初にそのブロガーのブログを読んでいた時は、こんなブログで稼げるわけないじゃんか。と思いつつ十分な努力をした訳でもないし、学生時代にしっかり勉強をした訳でもない人が、自由に生活していくことなんか無理だろうと思ってました。

ですが、そのブロガーは僕よりも早くに独立して毎月使っても使いきれないぐらいのお金を稼いでおりました。
【当の本人はお金の使い方が結構雑なんで、赤字になっているそうですが(笑)】

んで、この事実を知ってから僕は今まで音楽に浸かってきた時間を別の事に使った方が効率よくない?と考えるようになって、プログラミングやら動画編集をかじるようになった訳です。

結果として今現在はプログラミングと動画編集の副業で毎月15万円ぐらいは稼げるようになっています。

音楽では15年もかけてやっと稼げるようになったのに、ちょっと努力の方向性を変えただけで数年たらずで同じ目的を達成できた訳です。

このように何かを始めるときは、始める早さよりも、目的を達成するために、どんな選択肢をとるほうが大事なわけです。

これだけだとちょっと伝わりにくいかと思いますので、

  • 足が早いうさぎも海では亀に負ける
  • 過酷に運動して痩せるか?脂肪吸引するか?
  • 同じ時間・同じ人でも成果は変わる

この三つの例で、さらに選択肢の重要性を解説します。

足が早いうさぎも海では亀に負ける

よく瓶と美咲の話が例え話で出てくるんですが、あの話では、カメがウサギに勝つようになっていますよね?

ですが、実際のところを、カメがウサギに勝つなんて不可能なわけなんですよ。(笑)

廊下にカメとウサギを置いた時に、先に廊下を渡り切るのなんて絶対にうさぎでしょ?

カメとウサギのレースの話では、目的はレースに勝つことにあります。

んで、ガチでレースで亀が勝とうと思ったら、海の中で戦った方が間違いなくウサギに勝てるんですよ。

こんな風に1人1人が持っている技術や戦術って大きく異なるわけだから、1人1人に合った土俵で戦っていくっていうのは、すごく大切な訳です。

藪から棒に夢や希望などを抱いて、アイドルや芸能人やアーティストを目指すっていう人がわりかしら多いんですけれど、その目的って何なんでしょうね?

  • 人から認めてもらうこと?
  • 誰よりお金を稼いで成功者になること?
  • あなたが本当に好きだから、やりたいだけ?

こんな感じで、実は同じやりたいことにも人それぞれに目的って大きく変わってくるんですよね。

みんな目的がはっきりしていないのに、いきなりレースに参加している風潮って最近強いんですよね。(笑)

一番タチが悪いのが自分で決めたはずの目的が実は誰かに洗脳されて、目的を決めているパターンです。

よく巷では、プログラミングやアフィリエイトや輸入転売や動画編集などを行って独立して自由な生活を手に入れましょう!!

とか言われているんですが、日本にいる誰しもが尊敬もできない上司の下で働くなんて嫌なんだから、10人が見たら8人ぐらいは目的を自由に稼いで生きていくってすり替わっちゃうんですよね。

だからレースに参加する前に本当に自分が何を達成したいのかってのは情報を切り離した上で考えた方が良いと思います。

もしも人から認めてもらいたいんだったら、今いる職場で十分な仕事をこなして、職場の人から称賛してもらえば言い訳ですよね?

派遣やアルバイトだと親族に出会った時に自信を持って会うことができないならば、今働いている職場で正社員になって職歴を積んでいけば、大手企業に転職する道だってあるんですよ。

ということで、改めて、目的をもう一度確認してみてください。

過酷に運動して痩せるか?脂肪吸引するか?

次のパターンがもしも、痩せたいという目的があった場合、選択肢は

  • 過酷に運動して痩せるか?
  • しっかり断食をして痩せるか?
  • お金を払って脂肪を吸引をして痩せるか?

とぱっと考えただけでも三つの選択肢が出てきます。

んで。

もしも、最短で痩せたいと思うならば、脂肪吸引をとっととしちゃえばいい訳です。
【それは体に良くないとかいう話は一旦置いときます(笑)】

これが、お金が無い人だったり、健康意識が高い人は脂肪吸引には頼らない方法で痩せようとしますよね?

こんな風に同じ痩せるという目的を達成するためには、取る選択肢次第で、かかってくる時間が違う訳です。

たくさん時間が余れば余るほどに、その時間を使って好きなことをすることもできるし、思いっきり休むことだってできるわけです。

もしも目的が単純に痩せたいという場合でも、それに伴う時間って大きく変わってくるんですよね。

ダイエットだとみんなわかるはずなのに、こと副業や転職については、みんな考えが混乱しやすいんです。

僕だけのサンプルではあまり説得力はないんですけれど、単純に自分1人だけで稼いでいきたいのならば、何歳になってからでもいいから、プログラミングや動画編集やら好きな方にエントリーすれば問題ありません。笑

僕の場合、動画編集の副業はもう手遅れだと言われた2020年10月の段階からでも、一切の人脈なしで、ランサーズだけで15万円ぐらいは稼げていますので。

同じ時間・同じ人でも成果は変わる

大学を卒業した30歳と高校を卒業した30歳。

普通に街を歩いている状態では、この2人の違いってわからないですよね?

だけど、実際のところ、この2人が転職活動をした時に面接では大学を卒業した30歳のほうが遥かに転職に成功しやすいわけです。

こうなってくると、同じく30年間を生きてきた2人でも帰ってくる成果って、全然変わってきますよね?

こんな感じに、同じ人間であっても、大学に行くという選択を取った人と高校を出てすぐに仕事をするという選択を取った人では生涯賃金が大きく変わってくるんです。

じゃあ、高校を出てすぐに働き出した人達は、生涯賃金が、大学を卒業した人よりも、不利じゃないか!!

どうすりゃいいんや!!

って声が出てきそうなんですけれど、その場合、素直に

  • 成果報酬型の営業に転職する
  • 金持ちと結婚をする
  • 高卒でも大手企業の正社員よりずっと稼いでいる人から仕事のやり方を教えてもらう

などなど、単純に生涯賃金をカバーしたいだけなら、対策は色々あるんです。

なぜかわからないけれど、今すぐ独立して〇〇を学んだ方が絶対いいという話が本当に多い。(笑)

こんな風にブログで情報を発信している、僕だからこそ、素直に言えるんですけれど100%ポジショントークですよ??

本当に正しいことって発言してしまうと儲からないから世間一般ではあまり正しいことって言われないんですけど、僕みたいに大手企業をいきなり退職して独立を目指そうとする場合、本当に苦労するから、正直いきなり転職して独立しろっていう話は、僕は嫌いです。

洗脳するのはタダなんですけれど、行動を実際にする人は転職や時間というコストをかける分、リスクの方が高くなっちゃうんすよね。

僕なんか高等専門学校を卒業していた訳ですから、転職市場では、専門学校卒業の扱いです。

最初の数回は十分に、大手企業にいたという実績は使えたんですけれど、4回以上転職繰り返すとただの転職逃げしている仕事ができない人っていう認定になりますからね。笑

ということで、取る選択肢次第で同じ年数を生きてきた人でも、結果は大きく変わります。

まとめ

という感じで、今日のブログではスタートする早さよりも、選択肢の方が大切というお話をさせていただきました。

いくらどれだけ早くスタートしたとしても、場合によっては後からスタートした人の方が早くゴールにたどり着けるってことは、本当によくあるんですよね。

ここ最近の発信されている情報においては、わりかしらポジショントークが多いと感じているので、今ある、正社員という肩書きを捨ててまでして、本当に達成したいことってあるのか?

何かしなくちゃいけないんだけれど、何をすればいいのかわからない!!

と悩んで道を踏み外しそうな人向けへのブログでした。

繰り返しますが、大手企業にいる人ほど下手に転職をすれば年収は下がるし、労働時間は増えるし、基本的に特化したスキルがない限り、苦しいですよ?(笑)

もしも今自分がやっている仕事についてもっといい未来があるはず!!と悩んでいる方は「」を一読して別の選択肢を考えてみてください。

本日もご愛読ありがとうございました。