動画編集の副業に。おすすめサイト7選【狙い目の穴場あり】

2020年7月11日

動画編集の副業を始めようとしてる人「動画編集の副業をしたいけれど、どのサイトを使えばいいのかわからない。編集技術は身についてきたけれど、肝心の動画案件を獲得することができない。」

こういった疑問に答えます

本記記事のテーマ

動画編集の副業に。おすすめサイト7選【狙い目の穴場あり】

今回の記事を読むことで

  • 正しい動画編集の副業サイトの選び方
  • 動画編集の副業は本当に稼げるのか
  • 正しい動画編集の副業の始め方

これら全てを理解できる構成になっております。

副業サイトの選び方

実は、動画編集の副業に向いているサイトはたくさんありますが、どこのサイトを利用するか次第で、稼げるかどうか変わります。

ということで。

結論:複数サイトをチェックするべし

なにかしらのサイトサービスを利用して動画編集の案件を獲得しようとしているのならば、複数のサイトに必ず登録するようにしておいてください。

複数サイトをチェックする理由

動画編集の案件は、時期やタイミング次第で稼げる案件があったり、なかったりするためです。選択肢は常に多く取れるようにしておきましょう。

動画編集の副業に。おすすめサイト7選【狙い目の穴場あり】

動画編集の副業に。おすすめサイト7選【狙い目の穴場あり】

僕が動画編集の副業におすすめするサイトは。

  • Viibar
  • croudtech
  • レバテッククリエイター
  • Shufti
  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

以上の7サイトになります。具体的に解説していきますね。

Viibar

Viibar

>>https://viibar.com/

こちらのサイトでは、動画編集の案件に特化しております。結構穴場かと思っており、しっかりしたプラットフォームがあるので、安心して仕事を受けれるかと。

Viibarについて

一番の強みは、企業向けの動画サービスなどが取り扱っており、スキルアップをするためには必須のサイトかと思います。

特にメディアプラットフォーム向け動画サービスは、単なるYouTube動画の編集と異なる案件になるので、オフラインで動画編集の仕事を取ってくるスキルがバリバリに身につきます。

croudtech

croudtech

>>https://crowdtech.jp/

こちらのサイトも結構穴場で、フリーランスレベルで活躍できる方はぜひ採用するべきサイトです。

crouwdtechについて

元々ITに特化した案件をたくさん保有されており、それ故に1件あたりの報酬がとても高くなっております。

ただし、それなりに高いクオリティが求められます。

動画編集で本気で食っていく覚悟があるのならば、こちらで取り扱っている案件をこなせるようになるといいですね。

レバテッククリエイター

>>https://creator.levtech.jp/

こちらのサイトもフリーランス向けの案件が豊富にあり、案件一つを獲得するだけで、60万円以上稼ぐことができるものもあります。

レバテッククリエイターについて

サイトの名前の通り、フリーランス向けの案件がたくさんあります。それゆえ、競合他社がいないので、動画編集のスキルが十分にある方はぜひチャレンジする価値があります。

Shufti

Shufti

>>https://app.shufti.jp/

こちらのサイトは元々在宅している主婦向けに発信されたサービスです。ですが、実は動画編集の案件も存在しているという隠れサイトです。

Shuftiについて

ランサーズやクラウドワークスなどで扱われている動画編集の案件もこちらにあります。なかなか案件を獲得できない、動画編集が初心者の方は、こちらで案件を獲得して実績にしていくのが良いでしょう。

ランサーズ

ランサーズ

>>https://www.lancers.jp/

言わずもがなの、皆さんが活用している、動画編集の案件を取り扱っているサイトです。タイミングによってはかなり単価の高い案件なども出ているのが特徴です。

ランサーズについて

現在のランサーズでは、動画編集をするクリエイターが増えてきているため、比較的案件を獲得しにくいかもしれません。その代わり、継続的に案件を依頼してくれるクライアントもたくさんいるので、毎月の固定収入を稼ぐのには狙い目です。

クラウドワークス

クラウドワークス

>>https://crowdworks.jp/

こちらも、リモートワークに特化しているサイトでして、レベルの高いものから、低いものまで、動画編集案件が幅広くあります。

クラウドワークスについて

クラウドワークスは、タイミング次第ではランサーズよりも動画編集の単価が高くなったりしています。なので、ランサーズとクラウドワークスをそれぞれ見比べて、挑戦できそうな案件があればチャレンジしてみましょう。

ココナラ

ココナラ

>>https://coconala.com/

案外穴場に感じているココナラですが、こちらでは、結婚式のプロフィールムービーなど、他のサイトには無い個人向けの動画編集の案件があったりします。

ココナラについて

自分のサービスを出品することが可能なので、あなたが特技としている編集などを出品することをおすすめします。テロップ付けに特化しているサービスを出品していたりするので、逆に利用させてもらうのもアリです。

動画編集の副業は稼げるのか

よくある質問で、「動画編集って稼げないんだけど??」という声があるので、答えておきます。

結論:全然稼ぐことはできる

動画編集の副業は、かなり稼ぐのが簡単な副業となっています。

ただし

  • 動画編集を学ぶ
  • 動画編集の案件を獲得していく

この2つのスキルがなければ稼ぐことが難しいので、一般的な、不用品を売ってお金を稼ぐといった副業よりか、少しレベルが高くなります。

動画編集がおすすめな理由

僕の主観ですが、動画編集で仕事を獲得していくためには、しっかりとした戦略がなくてはなかなかできません。

そのため、動画編集の案件を獲得できるレベルになると、何か新しいビジネスをやろうとした時に、全く同じやり方で仕事を獲得することができます。

会社員から本気で独立したい人には、ビジネスの基礎を作る練習になるので、オススメしております。

なお、正しい動画編集の始め方は「動画編集の副業の始め方【1ヶ月で達成できます】」こちらに詳しく解説をしてあります。