動画編集の副業向け求人サイトTOP3【未経験OK】

2020年5月25日

動画編集の副業向け求人サイトTOP3【未経験OK】

動画編集の求人さがしに困っている人「動画編集を副業としてやろうとしているけれど、求人が見つからない。。。せっかく休日が空いているので、スキルアップするためにも、動画編集の仕事をしてみたい。。。アルバイトでもいいから、動画編集をやってみたい。。。。」

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

動画編集の副業向け求人サイトTOP3【未経験OK】

今回の記事を読むことで、

  • 失敗しない求人サイトの選び方
  • 初心者でもできる求人サイト
  • 休日などのスキマ時間で出来る案件

これら全てを理解できる構成になっております。

記事の信頼性

僕は今現在、動画編集のフリーのクリエイターとして活動しています。

チーム体制で動画編集を行うこともあり、動画編集のクリエイターを雇用した経験もあるので、信頼性は担保します。

では、早速本題に入ります。

動画編集の副業向け求人サイトTOP3【未経験OK】

動画編集の副業向け求人サイトTOP3【未経験OK】

動画編集を空いた日を使って、副業で始めたい方は、下記の3つのサイトを利用してみてください。

  • Indeed
  • ジモティー
  • FindJob

3つのサイトを勧める理由

なぜこのサイトをオススメするのかというと、全国の、動画編集の求人案件を取り扱っているため、首都圏でなくても、動画編集を副業からスタートすることができるからです。

詳しく解説します。

Indeed

Indeed

>> https://jp.indeed.com/

YouTubeの広告などでもかなり有名な、インディードです。実は普通の仕事以外にもたくさんの仕事を取り扱っており、特に動画編集の案件なども多いのが特徴です。

インディードの案件について

【動画編集+アルバイト】などで求人を検索してみると、570個以上の案件が存在しており、素人の方でも実践できるような案件が豊富にあります。。

そのため、動画編集の完全未経験者でも、独学で学びさえすれば、求人に合格することも可能です。

ジモティー

ジモティー

>> https://jmty.jp/

不用品を出品したりするのに有名な、ジモティーですが、実は動画編集の仕事なども求人として取り扱っております。特に地元に密着しているサイトなので、地方に住んでいる方には必須の求人サイトになっております。

ジモティーの案件について

実はランサーズなどでも取り扱われているような、動画編集と似たような求人があり、初心者の方がスタートするには、うってつけです。

なお、自宅で勤務することもできる案件があり、実力さえあればリモートワークも可能になります。

FindJob

FindJob

>> https://www.find-job.net/

FindJobは、首都圏に特化した求人案件がたくさんあり、興味さえあれば応募しても合格してもらえる可能性がある求人サイトになります。

FindJobの案件について

こちらで取り扱われている案件は、比較的レベルが高いものになっており、スキルアップするには最も向いている求人がたくさんあります。

ただし、平日3日以上の勤務が目安となっているため、本気でフリーランスを目指している方は、生活費を稼ぐ一つの手段として利用するのもありです。

どれくらいの動画編集スキルがあればいいのか?

どれくらいの動画編集スキルがあればいいのか?

もちろんですが、動画編集の副業と言っても、最低限の動画編集のスキルは必要となってきます。

そこでどれくらいのレベルが必要になってくるかというと。

結論:クラウドサービスで求められるレベル

しっかりと、動画編集の副業で稼いでいくならば、最低限ランサーズなどで取り扱われているような案件と同じレベルの編集技術は必要です。

クラウドサービスのレベルが求められる理由

動画編集のクリエイターを雇おうとしている企業は、動画編集という仕事自体を完全に任せたいからです。

もしも、完全未経験の人を採用してしまった場合、OJT形式で仕事を教えるという工数【無駄な人件費コスト】がかかるので、必要最低限の編集スキルは必須です。

未経験でも採用してもらうコツ

未経験でも採用してもらうコツ

なお、動画編集を実際にやったことはあるけれど、仕事としてやったことがないという人は、応募しても受かるかどうか不安かもしれませんね。

ということで、未経験からでも採用してもらう一つのコツがあります。

結論:実績作り

動画編集の仕事をやったことがないというのならば、あなたに動画編集のスキルがあることを証明するものが必要です。

そして、実力を証明する手段の一つとして、動画編集をやった実績を作っておくと、非常に良いです。

実績が必要な理由

動画編集という仕事自体、まだ世間にはそれほど広まっていないため、現時点では完全に未経験者が多いです。

その中で、既に動画編集をやったことがあり、それなりのスキルを証明することが出来る実績があれば、迷うことなく、あなたを採用してくれるからです。

とは言っても、どうやって実績を作ればいいのかわからない。という人向けに一つアドバイスをさせていただきます。

簡単な実績の作り方

完全未経験の人でも、手っ取り早く実績作りをするためには。

結論:クラウドサービスで案件を獲得する

クラウドサービスでは、個人が動画編集の依頼をしていることが多いため、編集スキルさえあれば、案件を獲得することができます。

一つでも案件を獲得することができると、継続的に仕事を依頼してくれるクライアントの方もいるので、簡単に実績を作ることが可能です。

動画編集の案件を獲得するのに、最も向いているサイトはこちらを参考にしてみてください。