期間工で”腰痛”持ちのあなた、治してあげましょう

Blog-Photo-036期間工
この記事は約7分で読めます。

期間工の仕事中に腰が痛い
帰宅してから腰が痛くて動けない

という腰痛持ちのあなたは、今回のブログがとても刺さるでしょう

なぜなら、僕はヘルニアを持っていた状態で期間工に入りましたが、腰を一切痛めることもなく、最終的には正社員よりも圧倒的な生産性を残して1年で正社員になることができたからです

今日はヘルニアを発症した状態であっても、正社員の人よりも早く仕事をこなしつつ、さらに一生腰を痛めることなく生活していける方法を紹介します

腹筋をつけること

腰痛がなぜ起きるのかというと、基本的には悪い姿勢が一番の原因となっています

おそらく既に腰痛対策ということで様々なサイトなどを閲覧されているかと思いますが、どこのサイトを見ても姿勢を正すだとか曖昧間にストレッチをするなど、なかなかそう簡単には実現できないことばかり書いてませんでしたか?

僕は色々なサイトを閲覧して、この腰痛を収める方法について、幾度となく探していましたが、結果的に自分で工夫して腰痛を収めていった方が圧倒的に早く良くなりました

そして、その最も効果があった、腰痛対策がとにかく腹筋をつけていくことです

おそらく腹筋が付くことによって、姿勢が乱れなくなり、腰にかかる負担が少なくなったからでしょう

僕の場合はアーティストとして活動する必要があった為に、シックスバックが必須だったので、そのために腹筋を鍛えまくっていたんですが、気が付いてみると腰痛がなくなっていたことに気が付きました

この時に気がついたのですが、姿勢や曖昧間にストレッチを入れるということは特にしていませんでしたが、腹筋がただついただけで、ヘルニアの痛みは一切なくなりました

初めて発症した時は、中学校3年生の頃でしたが、この頃は、起床した後に起き上がることすら一切できなかった状態でしたが、その後しばらく部活なども休んだ上でしっかり休養すると、なんとか腰痛が治まってくることができました

それから社会人生活をしている中で、やはりちょこちょこと腰痛に悩まされることがありました

ですが、腹筋を鍛えてからは全く、腰痛で悩まされることはなくなり、今現在では、自分がヘルニアを持っていたことは完全に忘れていたくらいに痛みは感じていません

筋肉をつけるための方法として、僕は日本で一番の体づくりをしている人から直接教わったのですが、皆さんが想像している100倍以上に厳しいやり方です

というより、ライザップよりも厳しかったです

ですが、期間工をやっている皆さんにとって、ここまで自分を追い込むということは、逆に腰を痛めてしまう可能性が非常に高いため、まずは手軽なものからをおすすめします

手軽な目安として、下記の動画にあるような腹筋をまずは、回数を目標にしてやってみてください

腹筋の効果的な鍛え方!下腹の効かせ方や腰痛を予防するフォーム

最初の頃は筋トレの質などは求めなくても良いです

初心者の方は、質を追い求め続けると完全に挫折する原因になるので、単純に決めた、セット数と回数をしっかりこなすようにしてください

僕の場合は最初は腹筋30回を三セット

これが簡単にできるようになったら50回を二セット

という風に段階を追って腹筋をつけて行くようにしましょう

ここで注意しておいてほしいことが、いきなり腹筋30回やろうとして、腰を痛める可能性があるので、まずはちゃんと腰が痛まない姿勢でトレーニングができる、正しいフォームを身につけておいてください

トレーニングを繰り返していくと50回を2セットも簡単にできるようになります

そうなると、今度はライザップ流に近づけて、トレーニングをやるのがオススメです

最も、ライザップ流に近いトレーニングのやり方は下記のトレーニングのような追い込み方です

【吉川メソッド】ダブルクランチ(腹直筋)自重で行う正しい筋トレ

このようにゆっくりと筋肉にしっかり負荷をかけながら行った方が筋繊維が破壊されやすいので、筋肉がより成長していきます

最終的に僕は、この動画のような、いわゆるドラゴンフラッグまでできるようになりましたが、ここまではやらなくてもいいです。(笑)

【筋トレ】ドラゴンフラッグの解説 腹筋に効くやり方のポイント

筋肉の話をしだすと止まらないので、この辺で1度打ち切っておきます

寝方を変える

腹筋を鍛える次に大切なのは、睡眠の姿勢を変えることです

これは今現在、既にかなり大きな腰痛に悩まされてる人には最も大切な方法で睡眠の姿勢は腰痛に大きく影響します

人が体を修復させる時には、睡眠をとる方法が最もベストですが、腰痛持ちの人がやってはならない寝方は

仰向けで寝る
うつぶせで寝る

この二点です

腰痛を持っている場合は、睡眠を取る時は必ず横向きになって寝るようにしてください

僕は中学3年生の頃にヘルニアを発症して一日中ロクに動けないという状態でしたが、睡眠の際にしっかり横になって寝る毎日を繰り返したことによって体が徐々に修復されていきました

ちなみに今現在でも、仰向けで寝たり、うつぶせで寝たりすると起床した時に、腰痛が発症したりすることがあるので、僕は今現在も、横向きにならないと寝ることができません

ということで、寝方は必ず先に治しておいてください

作業のやり方を変える

期間工で仕事をしていて、腰痛を発症したということは、そもそも作業のやり方に問題があります

基本的に、期間工などを各メーカーではぎっくり腰などを発症しないために、工場内で持ち上げていい道具などには決められたルールがあります

1人で持ち上げていい重さは10kgまで

といったようなものです

ですが、腰痛はぎっくり腰以外にも、慢性的に腰に疲労が蓄積することによって発症するパターンが多いです

とくに期間工という仕事は、同じ動作を何度も何度も繰り返し行うためにこういった蓄積が莫大な疲労につながります

その結果として、残業が始まった時間帯などに、じわじわと腰痛が出てくるということです

正しくない作業のやり方の一つの目安として、午後から腰痛が既に発症するという場合は明らかに作業のやり方に問題があります

基本的に、腰が痛む作業のやり方というのは

中腰でやる作業
膝を使わずに上下する作業

この二点が、期間工で最も腰を痛めやすい、作業のやり方です

この二つのやり方は感覚的には楽にできる作業方法なのですが、腰に最も負担がかかる作業のやり方です

そのため、必ず上下運動が加わる作業をやるときはしっかり膝を使って腰を下ろすというイメージで作業を行ってください

そして、こういった作業を行った後は、休憩時間などに必ずストレッチをやっておいてください

補足です

腰痛対策に最も効くことは、筋トレをするということでしたが、筋肉は筋トレをしてからつくのではありません

筋肉が最も体に着くのは、適切な食事をとって、さらに睡眠を十分に確保したタイミングです

この二つをちゃんとやらない限り、筋肉はなかなかつきません

それともう一つ、超回復という法則に則って、トレーニングを行うことが非常に大切です

僕は中学3年生の頃から超回復というルールは知っていたので、トレーニングをやる際は必ずこのルールに則ってやっています

ボディービルの選手などが毎日違う部位をトレーニングで追い込んでいる理由は、この超回復が根底にあり超回復を意識してトレーニングすることで、最も早く効率的に筋肉をつけることができます

超回復というのは、1度、筋トレなどを行って筋肉の組織が破壊されたタイミングから、48時間から72時間の間にもう一度筋トレを行って、筋組織を破壊していくという研究をベースに、 構築されたトレーニング計画です

筋組織が破壊されて48時間から72時間の間は、以前の筋肉よりも筋肉が増えている状態で、その時点でもう一度筋肉を破壊することによって、さらに筋肉をつけることができます

詳しくは下記の動画を見てください

超回復の基本!!

まとめ

とういうことで異常が腰痛持ちの人に聞く、腰痛対策の方法でした

今すぐに腰痛を何とかしたいという方は、毎日仕事が終わったらゆっくり湯船に浸かって腰を揉んであげるなどをしっかりと仕事が終わった後のアフターケアをすることが大切です

ですが、今後ずっと腰痛を発症させないためには腰痛にならないための腹筋をつけることと、腰を痛めない作業のやり方を習得するのが一番大切です

腰痛はいきなり簡単に治るものではありません

ですが1度腹筋さえつけてしまえば、一生腰痛に悩まされることは無くなるので強くオススメしておきます

ちなみに僕は中学生の頃にヘルニアを発症して人生に絶望しましたが、今となっては完全な笑い話です

僕が中学生の頃から我が家はかなりの貧乏だったので、ヘルニアを発症したのにも関わらず完治するまで病院に行くことも許されませんでした

結局、社会人になって自分で学んでいって、そしていろんなことをトライした結果が、腰痛を治すには筋トレが最も一番効率的だということでした

ということで、期間工で腰痛に悩んでいる皆様へシェアさせていただきました

コメント

タイトルとURLをコピーしました