期間工を”今すぐ!円満に!”途中退職する方法

アイキャッチー20191121-1期間工
この記事は約8分で読めます。

期間工の仕事が辛すぎて、もう辞めたい。。

なんならすでにGoogleを開いて辞め方を調べまくっている!

という方、気持ちお察しします

途中退職は悪い!!という風に一般的に言われていますが、僕から言わせてもらうと、別に自分に合わない仕事を続ける方がもっと悪い選択だと思うので、全くもって問題ないと思います

その代わり、やはり社会一般的には途中退職は、悪いイメージというものがあります

今回は途中退職をすると、どんな良くないことがあるのかということと、実際に途中退職に成功した事例、さらに具体的な途中退職をするための方法についてご紹介します

途中退職のデメリット

途中退職のデメリット

まず、途中退職のデメリットとして期間工として最も大きな満了金が支給されないことです

期間工を全うしてもらうため企業は莫大な万料金という制度を設けています

そして、期間工ならではの最大のメリットが満了金が出るということです

これは非正規の雇用では絶対にありえなかった、ボーナスのようなものです

途中退職によると、この満了金が無くなってしまいます

二度と同じ企業では採用してもらえなくなる

二度と同じ企業では採用してもらえなくなる

二つ目のデメリットとして、同じ企業に出戻りすることは二度とできないということです

企業は必ず途中退職した人というログは残しております

そのため、たとえ身内の不幸や体調不良などを理由にして退職したとしても、絶対にもう一度雇用されるということはないと思ってください

ですが、途中退職をしようと心に決めた方ならば既にまたここで働きたいという意欲はないと思います

では満了金や再雇用よりもこれから先の自分の人生を優先したいというあなたに、実際に、途中退職に成功した事例をご紹介します

途中退職に成功した事例

途中退職に成功した事例

身内の不幸により退職

よく工場内である、いきなりあの人いなくなったよね、という具体的な理由が身内の不幸です

大体の場合、ゴールデンウィークや夏季休暇などの長期連休を終えた後などに一気にこういった理由で退職する人は多いです

この身内の不幸により退職するという理由は、誰もそれが本当なのかどうかということを確認する方法はないです。

人事の人や職長もしくは班長の人でさえも本当に身内の不幸があったのかどうかということは確認することができません

ということで、本当は身内は誰も亡くなっていないけれど、口実として身内の不幸を理由にするのは途中退職する理由として十分成り立ちます

身内の不幸を理由にして、それでも職場に来いという職場があるのならば、その職場で仕事を続ける価値はありません

これ、どういうことかと言うと、あなたの家族よりも家の仕事を優先しろと言われていることです

ということは、”あなたなんかどうでもいいから仕事をやってくれればいい”と日常的に雇用している人達に言っているということです

こういった企業は常に新しい人を入れては辞められる。というサイクルを抱え続けているのではっきり言ってしまえば、あなたが辞めてしまっても何も問題はありません

体力的に継続することができない

体力的に継続することができない

体力的に継続することができないというのも、立派な途中退職をする理由になります

そして実際のところ、途中退職をする理由として、”担当している業務が自分には負荷が重たすぎる”ということを伝えて途中退職できたケースもあります

ただし一つだけでメリットがあり、この体力的に継続することができないという理由を使った場合、今すぐに、途中退職の手続きをしてもらえる可能性が減ります

どういうことかと言うと、体力的に無理があるということならば、他の工程をやってもらえばいい

という風に、作業に問題があるから、別の工程をすれば続けてもらえるという判断をされるので、もしもあなたが、本当はメンタル的にこの職場が無理ということを理由に途中退職を考えているのならば、この、体力的に無理があるという理由は避けた方がいいでしょう

基本的にあなたを雇用した企業は、あなたを退職させることを勧めません

なぜなら、新しい人を雇い入れた場合、企業はより多くの雇い金が必要なため、あなたを雇用している上司にクレームが入るからです

そのため、その上司があなたが仕事を辞めた場合に、人事部へ、なぜやめたのかという理由を伝えやすくするためにも、やはり身内の不幸を理由にすることをおすすめします

期間工の人だと分からないかもしれませんが、新しく雇い入れた人達が異様に離職する可能性が高い場合、結構人事部からのクレームが来ます

なので、あなたをせっかく雇ってくれた現場の職長に快く退職手続きを進めてもらうためにも、身内の不幸を理由にすることをオススメしておきます

では、ここまで具体的な途中退職に成功した事例を述べましたが、中には途中退職で最もしてはならないことを行い、その後の転職活動に大きなデメリットを被った人達がいます

では、その途中退職で最もしては、ならないことは何なのでしょうか

最もしてはならない、途中退職の事例

最もしてはならない、途中退職の事例

最もしてはならない、途中退職のやり方は何の連絡もなく急に職場に来なくなるということです

いわゆるバックレというやつですね

このバックレは多くの方が精神的や体力的にもう期間工は無理だと決めつけた場合に論理的な思考ができなくなった結果、行ってしまう行動です

バックレを行うと、どんなことがあるのかというと

  1. 円滑に退職手続きができない
  2. 1度揉めた相手と必ず連絡をしなくてはならない
  3. 次の転職で間違いなく悪影響が及ぶ

上記の三点が必ずつきまとってきます

気持ち的には確かにバックレをした方が一気に楽になると思っている方が多いですが、バックレをした後に、なんでこんなに多くの手続きをしなくちゃいけないのということで、精神的にかなり負担がかかるのでやめておくことをお勧めします

さらに次の転職活動でも間違いなく響きます

まず間違いなく履歴書に期間工という項目を書くと思うのですが、面接官が履歴書に書いてある期間工という項目を見ると、必ずどれだけの期間、期間工をやっていたのかということを確認します

その際に1週間未満という項目があると間違いなくこの人には忍耐力も誠心誠意を持って仕事を行う力もないという烙印を押されます

さらに退職する為に幾度も自分が入っていた現場の上司から電話がかかってくる毎日が数日間続くので、バックれるという、退職の仕方だけは絶対に避けてください

*必殺技として、バックレた場合、履歴書から抹消する方法もありますが、一週間以上、職場で働いていた場合、【懲戒解雇】という履歴が残る可能性があるので、かならず手続きをしておくことをお勧めします。

具体的な途中退職のやり方

具体的な途中退職のやり方

具体的な途中退職のやり方は以下のステップに分かれます

  1. 職長に伝える途中退職をする理由をはっきりまとめておく
  2. 1人で途中退職をする理由を言う練習をしておく
  3. 途中退職を告げるタイミングを見つけておく
  4. 職長に練習した通りの途中退職をする理由を伝える

多くの途中退職をしようという方は、まずどんな事を言うか決めて、リハーサルを必ず行っておくことお勧めします

なぜなら、途中退職をしようと、職長に説明する場合、莫大な精神力を使うからです

よく途中退職をなかなか告げられないという方がいるのですが、そういう方は圧倒的にリハーサル不足です

人は具体的に物事が決まっていないことに対して、莫大な恐怖感を感じて、行動力が低下してしまう要因になります

そのため、途中退職をするということを決めたならば、まずは事前にしっかりと頭でイメージしておくことが大事です

そして、多くの方が、想定しないことが、どんなタイミングで職長に伝えるかを決めてないことです

職長に伝えるタイミングも非常に重要で、できれば業務が終わった直後か、昼休憩のタイミングなどで伝えることをお勧めします

なぜなら、業務が終わった直後は比較的に、職長も気分が安定していて、冷静に話を聞いてもらえる可能性が高いからです

そして、もう一つの昼休憩後のタイミングを勧めする理由が、人は満腹感を感じると相手を許容できる力が高まるからです

一つの事例ですが、ある裁判所では午前中に判定を行った裁判官と午後中に判定を行った裁判官の判決を確認しています

その際に、圧倒的に午後から判決を決めた裁判官の方が緩い判定を下しているということがありました

とういうことで退職するタイミングで業務が終わった直後、もしくは昼休憩直後をおすすめしておきます

その代わり、職長がやけに不満そうにしているときや、

ラインが壊れて、新しいことに着手する余裕がなさそうにしている状態の職長には絶対に伝えないでください

ということで、途中退職をする具体的な方法は以上になります

職長に途中退職をする旨を伝えた上で、”分かりました”という返答さえくれば、途中退職は成功したも同然です

退職したあとにやっておくと、生活で困らなくなるリストを以下のブログで紹介しているので、参考にしてみてください。

まとめ

Blog-Photo-086

以上が期間工が途中退職をするための具体的な方法でした

途中退職をしたくなる気持ちは僕も非常によくわかります

ですが、途中退職の方法には間違った言い方と正しいやり方があるので間違えずに正しい方法で円満に退職してください

ただし、途中退職をしようと心に決めている方は、実は今のタイミングでしかわからない、人生において、最も大切なあることを学べるタイミングでもあります

僕も途中退職をしようとした時に活用した、かなり貴重な情報です

その今のタイミングでしか学べない方法は何なのかを以下のブログで紹介しています

それともう一つ、期間工にいると結婚できないし将来が不安と思っている方もいるので、割とそんなことはなかったよ?というテーマでお話しています。

将来、結婚できるかどうか不安な人は、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました