期間工を転々とすることは”間違い”なのか?

期間工
この記事は約7分で読めます。

期間工を転々としているけど、正社員の人から安定した方がいい!

などと言われていて、将来が不安だ

と感じている方って、いませんか

実際のところ、期間工として働くということは、正社員の人達の中で生活していくということなので、期間工のままじゃダメだろう!!ということを言われることが多いかと思います

では、期間工として働き、仕事を転々としてきた集合体のような僕が、実際どんな風になっているのかを今日はご紹介します

転々としてきた結果

途中退職に成功した事例

結果から言いますが、現在は、動画編集や作曲などで自分の仕事を受け持って自力で稼いでいる、フリーランスとなっています

一言で言ってしまえばかなり自由な状態です

ふとした瞬間に、今日休みたいなと思えば休むこともできるし、“あっ、今日はめっちゃやる気あるから、やっぱり動画編集をしよう!”という風に自分の気持ちに応じて仕事を選ぶこともできます

さらに言ってしまえば、人からどんだけ懇願されようと、全く相性が合わない人の仕事は全てお断りしている状態です

さて、今でこそは、これだけ好き勝手に行けるようになった僕ですが、フリーランスとして生きていくまではそれなりに葛藤はしてきています

それがどんな葛藤なのかというと、正社員でなくてはならないよ!と常に、言われ続けてきたことです

なぜ正社員じゃなくてはならないのか

どんな自分になりたいか考える

多くの人々が正社員でなくてはならないという風に言っている理由は、「昔から正社員で生きていくことことがこの世の全てで唯一の正解です」、という風に教えられてきたからです

そして、正社員として仕事をしている間は、ホテルなどでもかなり優遇がされやすく、新しい家を買うローンもすぐに組むことができるし、好きな車だってローンを組んで買うことができるためです

それ故に、正社員で仕事をしている人達は、多くの場合、派遣の人やアルバイトの人、もしくは期間工のような非正規の雇用形態の人達を見下す傾向にあります

そうなれば必然的にですが、正社員の人達から見た期間工の人達は自分たちよりも下の人であると思っていて、説教をしやすくなります

なので、ここに関しては、正社員しかしたことない人がそう言ってしまうのは仕方がないという部分もあります

ですが、もう一度言っておきますが、正社員である必要は全くありません

僕が新卒で初めて入った企業は、1部上場企業の開発部門でしたが、そこでの1年目の年収は450万円以上ありました

だからこそですが、当時は好きなものはいつでも好きなように買うことができたし、何よりも親戚や身内などに自分の職業を紹介する時も、常に〇〇の企業に行ってるなんて羨ましいなどと言われていたため、全く悪い気持ちはしていませんでした

ですが、そこで働いていてすごく思ったことですが、出張だったり、残業だったり、責任だったり、という部分は全くコントロールが出来ない状態でした

それこそ来月から新しい商品の立ち上げがあるから、どこどこの県に行ってくれなどというのは日常茶飯事で、入社して1年目の頃は住居を5回程転々とした経験もあります

僕はアーティストとして活動するのが本当の狙いだったので、この出張というイベントによって僕は、本来最もやりたかったことが、なかなかできない状態になってしまいました

だから出張がない職場を選んだ

Blog-Photo-086

とういうことで、自分が、思い切って好きなことをやっていくためにも、僕は正社員という肩書きは全て捨てた上で、基本的に毎日自分の家に帰ることができる派遣社員や期間工といった仕事を選んでいます

そのため、収入こそは確かに減りはしましたが、自分らしく自分がやりたいことをやるための時間だったり、作曲をする場所は確保することができたので、このおかげで自分で稼いでいくための行動を繰り返し、フリーランスとして独立することができました

非正規雇用の最大のメリットとは

Blog-Photo-049

ここで非正規雇用の最大のメリットを、元々正社員だった僕が改めて言っておきます

まず、非正規雇用の人々は正社員の人達よりも圧倒的に責任が少ないです

そのため、仕事に関するストレスや無駄な仕事の持ち帰りなどが無くなり、自分の時間を自分らしく使うことができます

これこそが、非正規雇用の人たちが唯一正社員の人達に負けない、最大のメリットです

正社員として活動している中は、常に責任がつきまといます

任せられた仕事は何が何でもこなさなくてはならないし、たとえ残業時間をフルに活用して出勤しても仕事が終わらなければ、休日も活用した上で仕事を何が何でも終わらせなくてはなりません

だからこそですが、その影響として、正社員として働いている間は自分が思ったように生活していくことはほぼできません

それが将来にどう影響していくか

無駄遣いをしないためにおすすめしておくこと

そして自分が毎日思ったように生活していくことができないということは、将来に大きく影響してきています

僕は毎日自分がやりたい事を行動に移したことによって、今では自分がやりたいことを仕事にすることができています

今でも改めて思いますが、もしもこれが正社員のままに、身内の人だったり、社会的な地位を優先して、たくさんの責任を抱えたままに行動していたのならば、自由になれたことは、できなかったでしょう

そのため、最後に雇われて仕事をしていた期間工の時は正社員の人の考え方に対して常々思っていたのが

“そんな考え方だから、自分の人生を犠牲にしてしまっているんだよ”

ということです

正社員として活動している人々は、多くの場合は自分を犠牲にし、何が何でも家庭をやりくりしていこうという“自分の犠牲が前提にある”考え方です

そのため、身内の人などに紹介する時だけはすごく自慢げに自分を紹介することができていますが、実際のとこ、蓋を開けてみれば、“家庭ではATMなどと呼ばれていたり浮気や不倫も日常茶飯事”

だって、俺が仕事で頑張ってきたから

という全く中身の伴わない人間が非常に多かったです

僕はこう言った、家庭を大事にしないという考え方が非常に嫌いだったので、たとえ身内の人や昔からの親友にそれはやめた方がいいと言われようと、全く聞くことなく派遣社員や期間工といった仕事を選ぶようにしました

転々としてきたおかげで

Blog-Photo-043

そして僕が派遣社員やアルバイトもしくは期間工と言った仕事を転々としてきた結果ですが、今では完全に自由に生きることができています

だって任せられた責任だったり、出張がない仕事を行っているから、家では完全に自分の時間を100%有効に使うことができたからです

つまり、転々とする仕事ができるということは、同時に入ってしまえば自分の時間を毎日確実に確保できるということです

そのため、もしもあなたが何か自分でやりたいことがあるのならば、正社員になるよりかは転々とした仕事をやり続けていくのは十分に価値があります

ただし、もしもあなたに、自分がやってみたい仕事だったり、自分が将来はこうなりたいという家庭像がないのならば、安定はしているけれど、プライベートは犠牲にするという、正社員としての働き方が正しいかもしれません

まとめ

Blog-Photo-007

どういうことで、僕の結論として転々とする仕事こそが、今の日本でやれる仕事としては最も理想な形だと思っています

なぜなら、正社員として働く場合は、営業などの仕事ではない限り、自分の時間を切り売りして、自己犠牲をしていかなければ、出世することもできないし、安定して稼ぎ続けることがやりにくいからです

これから先は、YouTubeだったりSNSだったり、個人個人がそれぞれの色をしっかりと強めていくことができれば1人ひとりが自力で稼いできるようになっていく時代です

反対に多くの従業員を雇っていた企業は、軒並み倒産していく今までは全くなかった時代にすでに突入しています

だからこそですが、今まで多くの人達が信じていた、“正社員が正解”という認識は1度捨てて

自分の時間を好きなように生きれるように人生をカスタマイズしていった方がいいです

だって、どうせ同じ仕事をするのならば、自分がやりたいことで稼いで行った方が絶対に幸せでしょう

とういうことで、転々と仕事をしていくことに全く問題はありません

その代わり、仕事を転々としていくということは、現代の日本では間違いなく落第者という認識を持たれてしまうので、同時に自分で稼いでいくスキルも身につけた上で転々とする仕事を活用していってください

点々とした、仕事の最大のメリットは、自分の時間は100%、自分が好きなように使えるということです

これ以外に関しては、正社員の方が圧倒的に有利なことが多いので、自由な時間が使えるということは、絶対に忘れないようにしておいてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました