期間工の”リアルな、その後”を暴露します。

将来性
この記事は約8分で読めます。

期間工が終わったらどうなるの?
期間工のその後ってどんなものなの?

という質問に、今回は答えてきます

僕は期間工を終えた後に、正社員になって、すぐに退職していますが、期間工時代に、比較的、多めの友人ができていて、その人達がどうなったか?という情報は沢山知っています

今日は僕の友人たち、つまり期間工をやっていた人達が、2年経った現在どうなっているのか?ということを紹介します

期間工を継続

期間工を継続

僕は期間工やめて既に2年以上経ちますが、今現在も当時の同じ職場で仕事をしている人達もいます

ぼくが配属された場所は、比較的人当たりがいい人達しかいなかったので、職場の雰囲気もとても良かったです

そのため、現在も継続して同じ職場で期間工とし、働いているその人は収入も2年前よりかは上がったし、やらせてもらえる仕事も少しは増えたから、今現在も満足して仕事をこなしているとのことでした

当時は借金が50万円ほどあった人でしたが、それらの借金も完済して、今ではマッチングアプリではあるけど、新しい彼女ができそうな状態だそうです

仕事に関して言えば、ある程度の信頼は得ているので、他の期間工の人達よりかは早く仕事がこなせるようになっているとのことです

僕が期間工をやめてから2年経ちますが、仕事の内容もかなり大きく変わっていて、当時やっていた作業のやり方とは、今とはだいぶ異なっているようです

当時からずっと期間工をやっていた人は、同じ職場に7人以上いましたが、今現在も継続してやっているのは4人までになったそうです

相変わらず職場の雰囲気は変わらずで、みんな和気あいあいと仕事をしている状態だそうです

当時から問題視されていた、正社員の人達も相変わらず残っていて、今現在も、そういった人達への愚痴は減らないけれど。。

もう全く気にならない状態になったそうです

貯金も少しずつ溜まってきたし、そろそろ他の仕事をやっても問題ないなという精神的にゆとりも出てきたそうです

正社員になった人

正社員になった人

これは僕が当てはまる例ですが、期間工を終えてから正社員になるのも一つの道です

正社員になった場合は、継続して勤務を務めていれば、期間工の時よりも社会的な信用も増えて、収入も上がっていくので、継続して同じことを繰り返すことができる人は間違いなく正社員になった方がお得です

ただし、4年から5年ほどの下積み時代は避けられないですね

あと5年ほどもたてば、期間工から正社員になってもある程度の給与ラインからスタートすることができますが、今現在の状態ではやはり、期間工から正社員になった瞬間には給料が一気に減額するというのは変わらないでしょう

僕は正社員になって、1ヶ月で辞めていますが、5年間継続した人は給料が爆発的にアップしています

そういった方の事例を以下に紹介しているので、参考にしてみてください

この方のように、正社員になりあがってから、手を抜くことなく努力し続ければ一部上場企業の正社員としての肩書きは入手することは誰にでも可能です

資格を入手して転職

資格を入手して転職

期間工をやっている間に資格の勉強をして、新しい資格を取得して、そのままは転職に成功するという例もあります

僕の職場にはこういった資格の勉強するという方は1人もいませんでしたが、かなり現実的な話だと思います

期間工をやっている人は、やはり同じ作業しかできない人という印象を与えますが、並列して新しい資格を入手したという事実が加わると、この人は学ぶ力がある人というイメージを与えられます

そこで更に、体力面だったり、忍耐力あるということを全面的にブラッシュアップして、継続して仕事を行った実績があればなおさら、入手した資格の価値が上がります

一般的に期間工での仕事は同じ作業を繰り返し、ハードな仕事のためなかなか勉強時間などを取ることは難しいかもしれません

ですが、仕事のやり方を変えたり、ちょっとしたストレス対策の方法を知っていれば、家でも副業をしたり、勉強する時間を作ることは十分に可能です

僕が起業するために、期間工時代に、常にやっていた“ストレス対策の方法“と“仕事の疲れをなくす方法“については、以下のブログに紹介しているので、参考にしてください

なお、期間工でも、資格さえとればすぐに転職可能な職業は

①電気工事
②弁護士
③税理士
④電気主任技術者

などなどが一般的に評価されやすく、すぐに転職に有利に働く資格です

電気工事士であれば1日1時間程の勉強時間が確保できれば、一年間で充分に取得できます

それ以外の弁護士は税理士、電気主任技術者などの資格は国家資格で合格率も10%未満のため実務経験なしでも、即採用してもらうことが可能です

ただし、弁護士や税理士などの土木の職業は、今最も仕事がなくなりやすい職業とされているので、10年間も勉強時間を重ねて取得することはオススメしません

電気主任技術者は、電気設備の内容を確認しつつ、法律で数年に1度は必ず資格保有者が確認しなくてはならない業種なので、国の法律が変わらない限り仕事がなくなることはないでしょ

こちらの資格は難易度として、高等専門学校、首席レベルの能力が必要と比喩されている資格ですが、期間工を3年間続けて毎日勉強を2時間もやれば充分に取れる資格です

そして、30代の方でも保有している人がかなり少ないため、この資格を全く関係のない業種の人が取得しているだけで、履歴書だけでもかなり強いアピールをすることができます

ちなみに僕は電気主任技術者の資格を、起業する前に何度か取得しようとトライして、最終的に、受験前の3ヶ月間に毎日2時間の勉強をして合格することができました

この時は、高等専門学校でしっかり勉強していて良かったなと感じた瞬間です

ちなみに僕は、高等専門学校の頃に毎日5時間ほどは独学で勉強していたので、全く高校レベルの数学や物理についての知識がない方は、1日3時間は最低でも勉強時間を確保した方がいいでしょう

開業して独立する

開業して独立する

これも立派な一つの選択肢です

ちなみに当ブログの筆者である“たかち“も、このパターンです

言葉で書くとものすごく綺麗でかっこいいと思われるかもしれませんが、期間工として働きつつ他の仕事をするのはやはりそれなりに大変ではありました

最大のメリットは、これからあなたがやる事業の種類によっては、よくみんなが憧れている、パソコン1台を片手にして、海外を飛び回るといったノマド生活も可能です

僕の場合は、一応音楽家として活動している部分が、当時は大きかったので、お世話になっているお店への徘徊や地元で応援してくれているファンの方とコミュニケーションを取る為にも、起業した当時と、同じ場所で住み続けています

それこそ、好きなタイミングにどこか旅行へ行こう、といった軽いノリで、旅行などはしています

自分で開業するパターンの最大のメリットは、好きな時に仕事をして、好きな時に休めるようになるということですね

期間工の場合は、決められた時間は決められた場所で決められた仕事をこなさなければお金はもらえませんが、自営業の場合はそれらの全てを自分でコントロールすることができます

そして、間違いなくこれから先日本は、税金として国におさめなくてはならない金額が年収の50%近くになっていきます

こういった税金がどんどん増えていくという社会においても、自営業の方は一般のサラリーマンの人よりも裕福な生活ができます

詳しい話は、金持ち父さん貧乏父さんの本を参考にしてみてください

金持ち父さん貧乏父さんの本

ただし、開業してすぐに手元にお金が入るということは、基本的にありません

よく、期間工で1000万円ほどを貯金して、そこから先投資家として生活をしていくという投資家として活動していく生活もありますが、僕はあまりオススメしません

1000万円ほどで、年利5%の投資案件を見つけたとしても、それだとポートフォリオが組めないし、何よりも、一点集中でお金を投資しなくてはならないため、下手をすると1年間で1000万円を全て無くしてしまう可能性もあるからです

ちなみに1000万円で年利5%の投資案件ということは、年間の収入で言うと50万円です

年間50万円の収入を得るために4年ほど全ての贅沢を我慢して貯めてきた貯金を一か所に投資するのは、命綱なしで綱渡りをしているような状態です

そんなことを言っても、今だったら、ビットコインや暗号通貨があって、おくりびとになる可能性もあるじゃないか!!という情報を信じている人がいますが、それが既に、情報弱者です

知っていましたか?

暗号通貨のお話は、ビットコインというワードが新聞などに掲載される2年以上前から経営者の中では、投資案件として既にありました

そして、投資家として生活している人達は、こう言った、絶対に下流には回らない新鮮な情報をつかみ取るためのネットワークを構築しています

なので、そういったネットワークがない状態で投資するのはかなり危険なので、僕はおすすめしていません

僕がもしも4年間で1000万円を貯金できたのならば1年間に250万円の生活をして4年間は自分の事業を育てるために時間を使います

まとめ

まとめ

以上が、期間工が終わった方々がそれぞれどんな道を辿るのかという、恐らく今まで他のサイトなどでは掲載されていなかった、僕の知り合いの中でのお話をメインにさせていただきました

よく期間工は負け組だとか、ゴミやクズなどと、比喩されやすいですが、それは時間の使い方だったり、新しい可能性を知らない人達だから言っているセリフです

どんな仕事も一緒ですが、〇〇だからダメという決めつけがある限りは何も未来は変わる事はありません

今ある状態で何かできるのか?ということをしっかり知りつつ、期間工をやって実際に自分がなりたい未来を築いている人の話などを聞くのがとても参考になると思います

僕は元々期間工をやっている人のブログを読んでいた訳ではありません

僕がずっと読んでいたブログは、ある事業を手がけている人のブログでしたが、ものすごく刺激に溢れている内容で、そんな人みたいな生活を送りたいと思って毎日読んでいました

皆さんは間違いなく知らない人で、現役で活動されていたのが去年までで、40手前で20憶稼いだから、これから先はずっと遊んで暮らすそうです。

(もちろん、日本以外で(笑))

その結果、期間工という、比較的大変だと言われる仕事をやっている中でも、並行して事業をこなし続けることができました

だからこそですが、期間工として、楽しい未来を築きたいのであれば、そういった未来像を築いている人の情報をしっかりと汲み取っていくようにしましょう

当ブログについてのお知らせ

いつもブログを閲覧してくださりありがとうございます。

皆さんの応援のおかげで、ブログのモチベーションを維持することができています。

僕の野望は、経済難な今の時代に生きて、仕事で悩む人の苦悩を解消し、一人でも多くの命を救うことです。

今回の記事が良かったと思われたら、ぜひ以下のリンクをポチって、応援よろしくお願いします。


期間工ランキング
将来性
takachiをフォローする
たかちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました