期間工を3ヶ月でやめると”いくら稼げる?”どうなるの?

お悩み解決
この記事は約5分で読めます。

期間工を3ヶ月でやめると、どうなるの?
3ヶ月でどれ位稼げるの?

という質問に、今回は答えていきましょう

期間工は誰でも出来る簡単な作業を行う仕事ですが、非常に収入が高くなります

なぜかというと、夜勤や日勤などがあり、多くの人がやりたがらない仕事だからです

そのため、時間当たりの給料は非常に高く、設定されており、人が普通なら辞めるであろう作業負荷のあることをやり続けてもらうために給料が高めに設定されています

では、そんな期間工を短期間、つまり3ヶ月やると、具体的にはどれくらい稼げるかということを紹介していきましょう

どれ位稼げるのか?

どれ位稼げるのか

結論から言います。80万円以上は手取り金額で稼ぐことができます【残業できた場合】

なぜなら、3ヶ月間で毎月平均20万円の手取り金額が、どこの期間工でももらえて、更にここに、入社祝い金などが加算されるためです

*毎月20万円の手取り金額について、以下のブログを参考にしてます。

期間工の方ならば多くの方は、配属された瞬間に入社祝い金といった特別な手当が支給されます

どこの募集している期間工でも、これらの入社祝い金の金額はおおよそ20万円以上と思ってもらっていいでしょう

ただし、最近募集している期間工では入社してすぐに入社祝い金を支給している企業は減っています

なぜなら、入社祝い金を配属して1ヶ月後に渡してしまうと、それをもらって仕事を辞めてしまう人が多くいるからです

そのため、企業は短期間で仕事を辞めてもらうことを防ぐ為に、最低でも6ヶ月以上は仕事をこなしてもらって、そこから祝い金を支給するパターンが多いです

マツダなどは例外中の例外でしたが、入社してわずか1ヶ月後には入社祝い金として25万円以上が支給されていました

もしも、3ヶ月間で80万円以上稼ぎたいという方は募集要項にある、入社祝い金がどのタイミングで貰えるのかということをしっかり把握した上で入社する期間工を選びましょう

たった3ヶ月間で手取り金額80万円以上というとかなりいいイメージですよね

しかし、短期間で仕事を辞めるということは、3ヶ月で辞めるあなたにとってもデメリットがあります

3ヶ月で辞める注意点

3ヶ月で辞める注意点

3ヶ月で辞める際の注意点は三つあります

一つ目:辞めにくいこと
二つ目:退職を引き留められること
三つ目:転職活動で不利になるということ

では、具体的に見ていきましょう

辞めにくいこと

辞めにくいこと

なぜ辞めにくいのかというと、だいたい期間工に配属されて3ヶ月もたつと、職場内でもそれなりの人間関係が構築されます

そうなれば、誰か困っている時には無意識のうちに助けてあげなくてはならないという人間の意志が発揮されて、非常に退職しづらくなります

なぜなら、自分が配属されている作業はかなり負担が重たいものであり、もしも自分がいなくなったらこの職場はきっと困ってしまうだろうなという罪悪感に苛まれるからです

そのため3ヶ月も期間工で働いていると、かなり辞めにくい状態になります

そして、やめようか、それとも続けようかという風に頭の中で葛藤している限り、常にストレスが溜まる状態にもなるので、健康面にも良くありません

もしも、やめようと決めたとしても、どうやって、職長にそれを伝えるかどうやって辞める話を作るかなどなど様々なことを考えて、メンタル的にかなり疲労します

とういうことで、一つ目の注意点として、辞めにくくなるということを述べておきます

退職するのを引き止められる

退職するのを引き止められる

二つ目が、退職するのを引き止められるということです

恐らくですが、3ヶ月も期間工として仕事をしていると、それなりに、職場では評価されています

なぜなら、期間工という仕事は、かなり作業負荷が重く、なれていない人が配属されてしまうと1週間や1ヶ月以内で辞める人が多いからです

そのため3ヶ月も継続して作業が行えるとなると、それだけでかなり評価されることになります

だから、もしも3ヶ月も期間工として働けた場合、職長や班長の人などから引き止められることが非常に多いです

ここでも人の誰かを困らせるのは嫌だという心理が働くため、


1度辞めようと決心➡職長に話をした後から引き止められる

という流れができると、その後、非常に気を使う生活が始まります

人は誰かからお願いされたことを、断りにくい性質を持っているため、引き止められると、非常に辞めにくくなります

さらに自分から率先して辞めます。という旨を伝えているため、そこから先の期間工として任せてもらえる仕事の範囲も狭まります

引き止められた際に、もう一度やらせてくださいというと、確かに一時は誰も傷つかずに済みますが、その後、あなたの期間工生活では、かなりマイナスのイメージが出来上がってしまうので辞める時はきっちり辞めると意思を貫いた方がいいです

転職で不利になる

転職で不利になる

言わずもがなですが、3ヶ月で仕事を辞めたというのは次の面接の時点でかなり悪影響を及ぼします

そして3ヶ月という雇用期間は、履歴書から抹消することも難しいし、何よりも、健康保険や雇用保険に加入していた時期からすぐに3ヶ月で辞めたということは、発覚します

3ヶ月は短期間ではありますが、履歴書から抹消することは難しいし、何よりも次の転職活動で、ろくな仕事が選べない状態になるのは、非常に厄介なので、短期間で期間工をやめることはおすすめしません

それでも3ヶ月で、どうしても辞めたいという方は、以下のブログを参考にして辞める方法について考えてみてください

まとめ

期間工を3ヶ月で退職するのはデメリットの方が多いため、僕はオススメしません

期間工は、”期間工を終えた後からの生活を、より良いものにするために行うもの!”であって、目先の生活面でのお金の不安を消すためにやることではありません

目先のお金を追っていると、必ず後でしっぺ返しが来ます

短期間で期間工を辞めた場合、確かに60万円から80万円ほどの手取り金額は入手することができますが、そこから先は失業保険などをもらうこともできないし、何よりも次の就職先で苦戦するのでやめておきましょう

その代わり、期間工を1年間でもやりきることができたのならば、僕は転職してもいいと思っています

なぜなら、期間工でやる仕事は1年もあれば十分に正社員の人よりも仕事がこなせるようになるし、人間的にも十分に成長できるからです

ということで、期間工を3ヶ月続けるとどれぐらい稼ぐことができて、その反面、どんなデメリットがあるのかということをご紹介させていただきました

当ブログについてのお知らせ

いつもブログを閲覧してくださりありがとうございます。

皆さんの応援のおかげで、ブログのモチベーションを維持することができています。

僕の野望は、経済難な今の時代に生きて、仕事で悩む人の苦悩を解消し、一人でも多くの命を救うことです。

今回の記事が良かったと思われたら、ぜひ以下のリンクをポチって、応援よろしくお願いします。


期間工ランキング
お悩み解決 期間工の方向け
takachiをフォローする
たかちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました