【遅い!】youtubeの動画編集に時間がかかる7つの原因と対策

youtubeの動画編集に時間がかかる7つの原因

  1. クロス方式で編集している
  2. カットに時間をかけすぎている
  3. テロップ入れに時間をかけすぎている
  4. SEの調整に時間をかけすぎている
  5. 書き出しに時間をかけすぎている
  6. 品質チェックに時間をかけすぎている
  7. 編集の判断点を決めていない

最も時間がかかる原因とは?

編集の判断点を決めてないことです。編集の判断点とは、要約すると慣れのようなもので、言い換えると”決断力”になります。

今すぐに編集時間を短縮するには?

各工程において、編集の判断点を決める。特に気をつけるべきは

  • カットするタイミング
  • SEの選択
  • テロップ入れ

この3つです。どこで切るか?どこでSEを入れるか?どこでテロップを入れるか?全て明確にルールを決めましょう。

ここまで出来た人が取り組むと更に早くなる方法

  • テロップ入れはVrewを活用する
  • ショートカットをフル活用

Vrewを使うと、10分ほどの動画で、通常1~2時間かかる作業が、20~30分まで短縮できます。

ショートカットを使いこなせると、単純に2~3倍ほど早く編集が終わるようになります。

動画編集のためにツールは導入するべきか?

結論:導入しないほうがよい。なぜならキーボードのショートカットの方が”ストレスが少ない”+”やれることが多い”からです。

作業時間を短縮するちょっとしたコツ

  • ゲーミフィケーション
  • マインドフルネス