【ぬるゲー】フリーランスの動画編集者として稼いでいく方法

現在会社員として仕事をしつつ、動画編集を学んでいるけど、フリーランスってなれるの?

がんばって学んでいるけど、先が見えなくて挫折しそう。

そんな悩みを解決します。

僕は、すでに動画編集は引退しましたが、フリーランスとして生きていくのは、結構簡単なので、シェアさせていただきます。

僕の経験談をベースにしているので、これでダメだった場合、諦めてください。涙

フリーランスの動画編集者に必要なスキル

  1. 穴場の発掘
  2. 提案力
  3. 営業力
  4. 編集スキル

フリーランスになりたいけど、仕事が取れない人へ

営業力が欠けています。ぶっちゃけ言うと、営業力があると、編集スキルとか無くてもOKです。

というのも、編集の技術力ってフリーランスにはそんなに必要無いからです。(笑)

編集の力を身につけるより、営業力を磨いてください。

営業力の身につけ方がわからない方へ

営業力の身につけ方は、学ぶことが多いので、とりあえず、一部だけ抜粋した「動画編集の営業のコツとは?【未経験者が仕事を獲得し続ける方法】」を熟読してみてください。

こういう感じに、知っておくべき知識が多すぎます。(笑)

手っ取り早く営業力を身につけたい人は、街中でナンパかヒッチハイクをオススメします。

無料で試せる最強の方法ですが、恥ずかしいと思う人は、素直に営業パートナーを獲得してください。

生産性を上げるため、ハイスペックなパソコンを買うか迷っている方へ

結論から言うと、買わないほうがいいです。(笑)

迷っている時点で、そこまで仕事がない人だと思われるので、邪魔になります。
⇒邪魔:お金を使ったのに、稼げなかったら、焦ってしまう。⇒結果:技術の安売りに繋がる

すでに仕事が沢山あって、ノートパソコンで寝る間を惜しんで動画編集をしてる人は、買うべきです。
⇒十分に睡眠をとれると、幸福度もあがり、思考力が高まる。結果:売上が上がるアイディア出る

動画編集のフリーランスは、もう遅くないか??

遅くないと言うか、もう最後のチャンスくらいになってます。(笑)

なぜなら、Youtube・動画部門が伸び続けているから=チャンスが多すぎる。

その代わり、Youtubeで収益化しようとする人たちは、すでに沢山の動画編集者がマークしているので、他の市場を狙うべきです。

これからは、SNSを活用した動画が主流になるので、そっち路線で売上を立てれるマーケティング力を身につけてください。

フリーランスになるロードマップ

あれこれ考えるのがめんどくさい!!という人は、「動画編集の副業まとめ【初心者が月20万円を稼ぐまで】」を一読ください。

この考え方をベースに、僕が副業で端金(30万円ほど)を稼いだ方法はシェアしてあります。

ちなみに、当ブログの内容を実践して、独立した後輩がいるので、内容は保証しておきます。